「日本酒道会」は、日本伝統の酒をひたすら愛し、酒を愛する人たちの交友の場とし、酒の作法、酒の道を探求することを目的としています。

MENU

TOPページへ戻る

日本酒道会へのご案内

日本酒道会則

酒道五則

日本酒道会入門許可証

日本酒道会のご案内
日本酒道会のご案内


 白玉の 歯に沁みとおる秋の夜の 酒は静かにのむべかりけり
若山牧水が詠んだ、まさに白玉の季節、清々しい季節です。皆様方にはご清祥のことと拝察いたします。
さて、郡山には、「日本酒道会」という酒を愛する人たちの集まりがありました。昭和二十八年、当時の安積国造神社宮司 安藤貞重氏を会長に発足。大勢の方が参加されていました。お茶には茶道、お花には華道、書には書道、剣には剣道などなど、それぞれ〈道〉があるにもかかわらず酒には無い。酒は神と人との直会の場にあるもの。そこで正しい酒飲みの道を究めようというのが会の趣旨でした。「酒道五則」というものが作られ、参加者には段位が授与されていました。安藤貞重さんらしい〈粋〉な計らいの会でした。


日本酒道会は、当時の会長である安藤貞重宮司がお亡くなりになった事もあって、この十年〈休眠〉状態となっていました。この度、当時の有志が集まり、再発足させようということになりました。会長には前会長安藤宮司のお孫さんにあたる安藤智重宮司にお願いし、こころよくお引き受けいただきました。また、事務局も地元「笹の川酒造」さんにご協力をお願いすることが出来ました。
日本酒道会という会は日本全国に郡山にしかありません。郡山には、良い酒があり、酒造りに適した気候と良質の米が豊富にあります。酒文化を広め、酒を愛する人たちが相集い、一夜を酒道にのっとり楽しく過ごし、酒仲間の輪を広げよう。そんな思いで、平成18年10月23日に「日本酒道会」を改めて立ち上げました。

今後、年2回の例会を予定しております。知人友人などお声掛けいただき、どうぞお誘いあわせの上ご参加下さいます様ご案内申し上げます。

○ 例 会 費     5500円 (懇親会費・通信費)

平成18年10月
日本酒道会再発足呼びかけ人
今泉 正顕
伊藤 和
瀬川 賢一
佐々木 寛侑
鈴木 庸夫
熊田 隆治
瓜生 利典
山口 哲司
山口 恭司

入会に関するお申し込み・お問合せは、事務局までどうぞ。 →酒道五則
●日本酒道会事務局 
笹の川酒造株式会社
〒963-0108 福島県郡山市笹川1-178
TEL.024-945-0261
E-mail/main@sasanokawa.co.jp